店舗の有無による分け方 | 風俗店を利用し、ムラムラした性欲を解消しよう

MENU

店舗の有無による分け方

座っているギャル

風俗店と呼ばれるような店舗には非常に様々な種類の店舗が存在しており、楽しめるサービスの違いなどによって種類分けがされているのですが、実は風俗店の種類分けというのは店舗のサービスの内容以外でも行われている、というのを知っていますか?
実は風俗店の種類分けというのは、何が楽しめるのかという点以外でも行われており、中でも非常に特殊な分け方として、実店舗の有無という分け方が有ります。

実店舗の有無による分け方を行った場合、風俗店というのは2種類の店舗に分けることができます。
まず1種類目の店舗として、多くの人が想像する極々一般的な風俗店です。
この店舗というのは、三宮を始め日本各地の繁華街や歓楽街に存在する風俗店です。
この店舗を利用する際には、店舗のある歓楽街や繁華街へ行き、自分が利用したい店舗で利用手続きを行うことによってサービスを楽しむことができます。

2種類目の店舗として、無店舗型風俗店という物があります。
この無店舗型風俗店というのは、その名称の通り無店舗……つまり店舗を持っていない風俗店です。
この店舗というのは、歓楽街などの場所に店舗の事務所が存在しており、利用する際にはこの事務所に行って利用手続きを行い、店舗に所属する風俗嬢と一緒に一般のラブホテルなどに行ってサービスを楽しむ、もしくは店舗事務所に対して電話をかけ、自分がいる場所まで風俗嬢にやってきてもらった上でサービスを楽しむ、という利用方法でサービスを楽しむことになります。

それぞれ異なった利用方法でサービスを楽しむことができ、人それぞれ利用しやすいと感じる店舗の種類も異なっているはずです。
なので、風俗店を利用しようと思った時には様々な店舗の種類分けを知り、その上で自分が最も利用しやすいと思う種類の店舗を利用してみるのも良いでしょう。